GIS 事例

【英国におけるCadcorp SISの利用事例】デボン・サマセット消防署:GISと専用モデリングソフトの導入で、作業負荷管理とリスク計画策定業務が改善

本記事はCadcorp SISの英国での利用事例を和訳したものです。
出典:https://www.cadcorp.com/news-events/devon-and-somerset-fire-and-rescue-service-purchase-gis-modelling-software/

デボン・サマセット消防署 プロフィール

デボン・サマセット消防署は、イギリス最大の非都市地区消防署です。デボン郡とサマセット郡(トーベイとプリマスを含む)全体で防災、救助、問合せ対応を行っています。

郡には83の消防署があり、170万人の住民と、この地域を訪れる年間40万人の安全を守るため1,800人以上のスタッフが従事しています。詳細は、dsfire.gov.ukを参照してください。

 

デボン・サマセット消防署(DSFRS)は、消防サービス開始にあたり、地域のリスクと作業負荷の割り当てをシームレスにモデル化できる統合製品が必要になったため、既存のリスクモデリングシステムをCadcorp社のSISに置き換えました。

 

DSFRSはCadcorp SISデスクトップとともに、リソース計画・作業効率監視アプリケーションとしてCadcorp社のWorkloadModellerと、さまざまなリスク要因の影響を分析評価するためにRiskModellerを採用しました。

現在、DSFRSでは地域リスク管理計画(CRMP)を新たに策定しています。リソース戦略変更による影響の調査にはWorkloadModellerを利用し、リスク範囲の特定、評価、分析にはRiskModellerを利用しています。

このプロジェクトでは地域のリスクデータを更新し、地図上にリソースをプロットして、いつどこにリソース配分するかを計算します。

DSFRSの戦略分析チームは、SISデスクトップの操作に習熟し、WorkloadModellerとRiskModellerを使用するにあたり実践的な専門知識を習得するため、Cadcorpのオンライントレーニングを受講しました。

このように分析チームのスキルを高めていくことで、将来的には署の上層部へ分析レポートを提供したり、運用推進部隊となることが期待されています。

CadcorpSISを導入した理由の1つは、UI/UX設計に一貫性があることでした。WorkloadModellerとRiskModellerは消防のリスク評価に特化した設計で、分析業務に最適な非常にすばらしい製品です。

 

地理情報は、警察、消防、救急、およびその他の救助サービスにとって戦略・運用上不可欠な情報資産です。詳細については、こちらをご覧ください。

出典:https://www.cadcorp.com/news-events/devon-and-somerset-fire-and-rescue-service-purchase-gis-modelling-software/

 

お知らせ

インフォマティクスは、消防水利充足率報告のデータ作成作業を大幅に軽減させるサービスをリリースしました。

https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/34332

すでに埼玉県や神奈川県など複数の消防本部でご利用いただいており、1週間以上かかっていた実作業時間が30分以内に短縮されています。

詳しくはサービスご案内ページをご覧ください。

-GIS 事例
-,

© 2021 株式会社インフォマティクス|Informatix Inc