SISは国内34,000のお客様に利用されているGISソフトウェアです

GISソフト「SIS(エスアイエス)」

SIS(エスアイエス)は、地図の作成・編集、空間解析から、アプリケーション開発までこなせる高い拡張性を持つGIS(地理情報システム)製品です。
約300種類の地図データフォーマットへの対応をはじめ、高い柔軟性と操作性を備えており、行政、警察、インフラ、電力、通信、ビジネスなどの分野で活用されています。SISの特長・ラインナップを見る >>

SISの詳細情報についてはカタログにてご確認いただけます。 カタログダウンロード

データ変換不要!約300種類の地図データを直接読み込むことができます

SISの対応データはこちらからご確認いただけます >>

GISとは

GIS(ジーアイエス)は「Geographic Information System(地理情報システム)」の略で、電子地図上に情報を重ね、編集・検索・分析・管理などを行えるシステムのことをいいます。

GISのメリット

【検索性】
情報が電子化されているため、必要な情報をスピーディに見つけることができます。
【一括管理】
組織内に散在している情報を一ヶ所に集約して管理できるため、部署ごとに地図や台帳を作成、更新することで発生していた手間やコスト、情報の齟齬が軽減されます。
【更新性】
データ更新が簡単に行えるため、変更が生じた場合でもすぐに対応できます。
【見える化】
情報を視覚的に表現(可視化)できるため、位置情報とそれ以外の情報との関連性を直感的に把握でき、高度な分析や施策策定に役立ちます。

GISの利用例

GISは以下をはじめさまざまな分野で利用されています。
例)
・インフラ構造物の点検情報の管理
・災害後の設備復旧支援
・感染情報の可視化、シミュレーション
・農地情報の管理、鳥獣被害対策
・配送ルートの最適化
・不動産物件情報の管理

GISを楽しく・より深く学び、地図や地理情報に詳しくなりたい方のための情報サイト「空間情報クラブ」

空間情報クラブでは、GISソフト「SIS」の便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説をはじめ、地図、位置情報、AI・機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。最新記事を読む >>

© 2021 株式会社インフォマティクス