ニュースリリース

図面投影システム、図面投影方法及びプログラムで特許取得

図面投影システム、図面投影方法及びプログラムで特許取得

2018年12月10日
株式会社インフォマティクス

株式会社インフォマティクス(本社:川崎市幸区、代表取締役社長:三原正一)は、このたび図面投影に関する技術で特許を取得したことをお知らせいたします。

特許の概要

  • 発明の名称:図面投影システム、図面投影方法及びプログラム
  • 特許番号:特許第6438995号
  • 出願番号:特願2017-059550
  • 出願日:平成29年3月24日
  • 登録日:平成30年11月22日
  • 特許権者:株式会社インフォマティクス
  • 特許の概要:現実空間に位置や縮尺を合わせて図面情報を投影することが可能な図面投影システム、図面投影方法及びプログラムを提供する。

インフォマティクスについて

株式会社インフォマティクスは、1981年の設立以来、建築・設計向けのCAD/CGシステムおよび地理情報システムの開発、販売、保守サポートを行うシステムインテグレータとして成長を続けており、本社(川崎市)、営業所(大阪、名古屋)の総勢約190名の社員から成る企業です。国内の中央官庁、地方自治体、鉄道・高速、電力、金融機関、住宅メーカー、ゼネコン、設計事務所などに多数の導入実績があります。2018年1月18日、Microsoft Mixed Realityパートナープログラム認定を取得しました。
http://www.informatix.co.jp

このニュースリリースに関するお問い合わせ

株式会社インフォマティクス 広報担当
メールでのお問い合わせ ifx-marketing@informatix.co.jp
〒212-0014 川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー27F
TEL:044-520-0850 FAX:044-520-0845

-ニュースリリース

© 2020 株式会社インフォマティクス|Informatix Inc.