MicroGDS ユーザー事例 No.16

対談「コンテスト受賞者が語る制作秘話」
キヤノンマーケティングジャパン賞 CANA PLANNING 金田奈美 氏


建築CGパース作品コンテスト 「Piranesi&MicroGDSアワード2008」受賞者の皆様に、 「アワード受賞者による建築CG制作秘話&最新情報セミナー」で、 制作秘話や、テクニック、最新の活用事例などを、ざっくばらんな対談形式でお話を伺った。( インタビューア:インフォマティクス村岸)

受賞作品「商業ビル」への思い入れ

(C)CANA PLANNING 商業ビル村岸

今回、金田様は「商業ビル」 、 「スポーツセンター」 、 「アーバンビル」の三作品でご応募くださいました。まず、受賞された「商業ビル」について、思い入れを伺いたいと思います。

金田氏

この「商業ビル」は、東京の都心に作られたビルということで、都会の中にあってスマートで洗練された感じが出るように作りました。

苦労した点やMicroGDSを使う上でのコツは?

村岸

苦労した点やMicroGDSを使う上でのコツを教えてください。

金田氏

私はPiranesiを使っていなくて、MicroGDSとPhotoshopだけでパースを描いています。Photoshopの作業が多いですが、モデリングはほぼMicroGDSで行っています。MicroGDSでモデリングする際にいつも気をつけているのは、時間の削減のために、見えないところは全く作らない、ということです。たとえば、上のブレースのところなんかは見える部分だけちゃんとしていればいい、とけっこう適当です。モデリングでうまくできないものもPhotoshopで描いてしまったりしています。この作品ではPhotoshopでレイヤをたくさん作っています。ガラスだけのレイヤとかを別にしておき、反射、映り込み、光を当てたりしていますが、こういうことをPhotoshopでやると膨大なレイヤと時間がかかっていました。で、頑固だった私もついに去年Piranesiを買いまして、これからはきっと、もっとすばらしい、今までになかった表現ができるのではないかと思っています。

 

 

作成時間はどのくらいですか?

村岸

1つの作品に対して何日くらいかけますか?また、この作品はだいたいどれくらいかかりましたか?

金田氏

たとえば1週間でやってくれと言われれば1週間でやりますが、なるべくたくさん時間をもらって、毎日時間のある限りいじり倒したいですね。いつも時間が足りないくらいです。 この作品は、4日くらいしかなかったと思います。

村岸

資料のない図面だけの状態から4日でこの作品ができあがる、ということですね。

金田氏

はい。あと、私のパースには人がすごくたくさん出てきます。人を配置するのが好きで、その際に気をつけているのが、話し声がするような感じや楽しい感じを出したい、ということです。また、冬の季節に描くパースにはジャンパーなど冬の服装をした人、この作品は初夏くらいだったので初夏の服装を、というように気をつけています。あるものをただ貼り付けるのではなく、季節感を大事にしたいと心がけています。

 

 

2つめの「スポーツセンター」が一番好きということですが・・・

(C)CANA PLANNING スポーツセンター村岸

2つ目の作品「スポーツセンター」が一番お好きな作品だということですが、先ほどの作品と比べてどのようなところが特に好きなのか、思い入れがあったのか、お聞かせください。

金田氏

これは、人がたくさん集うスポーツセンターで、家族連れやカップルなど、いろんな人が楽しく通る、前の庭でみんなが楽しく遊べる、というコンセプトがあったので、なるべくたくさんの人をかたまらないように、いろんな場に配置することで楽しい感じを出したかったです。やっててすごく楽しかったんですが、もう少し窓を明るくした方が絵としてはいいのではと、後からいろんな人にアドバイスをもらいました。でも、こういう風に楽しい空間を作るのが、自分でもすごく楽しかったりします。

村岸

Piranesiを導入されたので、人物の配置はたぶんすごく楽になると思います。

3つめの「アーバンビル」は満足されていないようですが・・・

(C)CANA PLANNING アーバンビル村岸

3つ目の作品「アーバンビル」は金田様としては満足されていないようですが、どういうところに不満があるのかというのも逆に参考になりますので、お聞かせください。

金田氏

回り階段のところにライトがついていますが、それがあまりうまく表現できませんでした。このとき本当に「ああ、Piranesiを買おうかなぁ」と思いました(笑) 
これは何度やってもだめで、自分はMicroGDSでの光源設定があまり得意じゃないので、Photoshopで光の表現を試行錯誤しましたがこれが限界でした。

MicroGDSの今後の要望をお聞かせください

村岸

金田様は、以前ある会社にいらっしゃる頃からMicroGDSを使っていただいていて、MicroGDSにかなり思い入れがあるのではないでしょうか。外壁タイルに縞模様が見えるのがイヤなので解像度を上げてみたり、など、いろんなこだわりがある方だと思います。今後のMicroGDSについてご要望や、こんなことができたらもっとうれしいのにというのがあれば、今日はMicroGDSのマネージャもおりますので、思いのたけをぶつけてください(笑)

金田氏

もう少し曲面のモデリングが簡単にできたりとか、光源が難しいので、それを使いやすくしてほしいです。Illustratorみたいな使い方もできて、私は請求書もMicroGDSで作っています(笑)
請求書にパースを貼り付けて、楽しい感じで請求させていただいています。MicroGDSは図面も描けますし、いろんな機能があって使いやすいと思います。実際的に図面をまとめる仕事もしていましたので、作図機能の優れたCADソフトだと思います。なぜ私がMicroGDSから離れないかというと、インフォマティクスの営業の方が大変よくしてくれまして。ここの会社は本当に親身になっていろいろサポートとかをやってくださるので、それで他には浮気ができなかったんです。

村岸

ありがとうございます。ネットワークの設定をどうすればよいでしょうか、などいろいろご相談をいただいていますが、私たち営業としては相談いただけることが非常にうれしいことです。

 

 

 

 

このページの先頭に戻る