MicroGDS 機能と特長

 

インスタンスオブジェクト

他のMANファイル内のオブジェクトやアセンブリオブジェクトを参照する機能です。

例えば、繰り返し同じ部材を配置するシーンで、部材をインスタンスオブジェクトとして配置すると、部材の変更があった場合、元のオブジェクトを1つ編集するだけで全ての部材に編集内容が反映されるので、作業時間を大幅に短縮することができます。

また、挿入されたインスタンスオブジェクト自体は、図形情報は持たずリンク情報を保持しているため、データ量を削減することができます。大規模な図面の作成時に有効です。

 

インスタンスオブジェクトを
配置してレイアウトを検討
  元のオブジェクトを更新すると
その結果が反映される

 

 

部材の配置だけではなく、図枠の作図にも利用できます。
共通の図枠を複数の図面で使う場合、インスタンスオブジェクトとして配置すると、参照している図枠のインスタンスオブジェクトの物件名、施主名を変更するだけで、すべての図面の図枠が一度の操作で変更できます。

 

 

 

※MAN:MicroGDSの図面ファイル(シングルユーザーファイル)の拡張子

 

このページの先頭に戻る