製品概要

1分の1スケールの図面実寸投影。
BIM/CIMデータと現場をつなぐ。

それが

 

主な利用用途

墨出し・ケガキ
建築設備(インサート)の位置出しや、建設現場におけるケガキ作業に
出来形確認
図面や3Dモデルを重畳させて、正しく施工されているかの確認に
施工支援
映像を直接見ながら、配筋等の施工作業、職人への指示に
計測
原寸大図面の寸法確認や、HoloLensの2点間計測による効率化に
遠隔支援
現場及び遠隔地より、確認用の図面、3Dモデル重畳で効率的な検査へ
点検
BIM/CIMデータの設備、維持管理情報を表示して変状確認に

 

主な機能

各機能を動画でわかりやすくご紹介しています。

  • 計測
  • マーカー位置
  • リモート
  • スケール位置変更
  • レイヤ一覧
  • 作図・配置

その他の機能を動画で見る >>

システム構成

GyroEyeデータコンバータ

2次元図面、BIM/CIM等の3次元モデルを取り込み、HoloLensやiOSビューワ用のデータに変換するためのソフトウェアです。

現実世界に重畳させる際の原点設定をここで定義することができます。


GyroEye CMS

サーバ上のクラウドシステムで、Contents & Conversion Management Systemの略です。

変換のバックグラウンド処理や、PCと、HoloLensやiOS間のデータ入出力、遠隔支援サーバ等を兼ねます。


GyroEyeビューワ:HoloLens / iOS

各表示デバイスで表示するためのソフトウェアです。Microsoft HoloLens、HoloLens 2、Trimble XR10およびiOS(対応機種限定)に対応しています。

HoloLensの詳細はこちら

日本マイクロソフト株式会社
https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens/hardware

インフォマティクスはMicrosoft社のMixed Realityパートナーです。ニューリリースを読む >>

 

Trimble XR10の詳細はこちら

株式会社ニコン・トリンブル
https://www.nikon-trimble.co.jp/TrimbleXR10/

 

精度向上アドオンソフト

GyroEye Holo TS+

GyroEye Holo TS+は、GyroEye Holoをトータルステーションと連携して使うことにより、現在のGyroEye Holoの位置精度の向上や安定を実現するシステムです。

販売元

千代田測器株式会社 https://www.chiyodasokki.jp

事例

計測/帳票連携(PoC)
記事を読む(イエイリラボ様)>>
動画を見る >>
協力:PRISMコンソーシアム
若手技術者への教育
記事を読む(日本マイクロソフト様)>>
動画を見る >>   
協力:東日本高速道路様、ネクスコ・エンジニアリング北海道様
高精度に出来形確認
記事を読む(イエイリラボ様)>>
動画を見る >>
協力:東急建設様

 

トンネル維持管理(PoC)
記事を読む(イエイリラボ様)>>
動画を見る >>
協力:鴻池組様
インサートの墨出し
記事を読む(イエイリラボ様)>>
動画を見る >>
協力:東急建設様、ヤマト様
TV放映「飛び出す図面」
動画を見る >>
協力:テレビ東京様
(ワールドビジネスサテライト トレたま)

事例集ダウンロード

GyroEye Holoをご利用いただいているお客様がどのように導入し、どのような業務で効果を出しているかをご紹介します。

掲載企業(2020/7/21 現在)

  • 株式会社ネクスコ・エンジニアリング北海道 様
  • ポポロプラント株式会社 様
  • 株式会社安部日鋼工業様

 

価格

製品ラインナップ

ラインナップ 2020年6月15日以降受注分
Trimble XR10 648,000円
Trimble XR10 + GyroEye Holoビューワバンドル 748,000円
Trimble XR10 + GyroEyeセットパッケージ 1,498,000円
HoloLens 2 + GyroEye Holoビューワバンドル 450,000円
HoloLens 2 + GyroEyeセットパッケージ 1,200,000円
GyroEyeセットパッケージ(以下①②③④バンドル) 初年度:850,000円  次年度:300,000円
①GyroEye Holoビューワ 100,000円
②GyroEyeデータコンバータ 500,000円
③GyroEyeデータコンバータ保守 初年度:0円  次年度:50,000円
④GyroEye CMS 250,000円/年
GyroEye Holoスターターキット(ヘルメットアタッチメント、HoloLensサンバイザー等) 準備中(旧HoloLens用スターターキットについてはご相談ください。)
カスタマイズ(オンプレミスサーバ、各種カスタマイズなど) ご相談ください。
データ変換(GEMデータ変換サービス) 150,000円~
導入支援サポート 50,000円~
GyroEye iOS Viewer 無料
  • 価格はいずれも税別です。
  • GyroEyeユーザ様ではない方々向けのHoloLens 2 デバイス単体での取り扱いはいたしません。予めご了承ください。
  • HoloLens 2 製品に関する情報は、日本マイクロソフト社のホームページをご参考ください。
    https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens/hardware
  • Trimble XR10製品は、HoloLens 2に実装されるスピーカーの代わりに骨伝導ヘッドセットが同梱されております。その他のハードウェア仕様はHoloLens 2 と同等です。同梱品については、以下のニコン・トリンブル社のホームページをご参考ください。
    https://www.nikon-trimble.co.jp/TrimbleXR10/common/pdf/TrimbleXR10_01.pdf
  • 既にGyroEye CMSの年間契約をいただいているユーザ様につきましては、2020年6月末までの更新費用は従来通りの費用となりますが、2020年7月以降の更新費用は新価格が適用されます。予めご了承ください。

お見積依頼・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

川崎本社:044-520-0850
大阪営業所:06-633-0803
名古屋営業所:052-265-8608

メールでのお問い合わせ

インフォマティクス 事業開発部 GyroEye Holo担当あて
gyroeye@informatix.co.jp ※@は半角で入力してください

カタログダウンロード

** メールニュース購読のお申し込み **

GyroEyeの最新の技術情報をはじめ、展示会・セミナー・体験会などのイベント情報をお届けする「GyroEyeニュース」を配信しています。配信をご希望の方はこちらのフォームよりお申し込みください。

配信を申し込む >>

© 2020 GyroEye|株式会社インフォマティクス