空間情報シンポジウム2021MR体験会

体験会内容

2021年7月14日(水)のXR-DayにTKP品川カンファレンスセンターにて、MRの体験会を実施いたします。

株式会社インフォマティクスが提供するMicrosoft社のHoloLensを用いたソリューション、「GyroEye Holo」「XRoss野帳」をご体験いただけます。

体験までの待ち時間には空間情報シンポジウムを同セミナールームにて視聴することができますので、お気軽にご参加ください。

※MRの体験会は定員になり次第、お断りをさせていただく場合がございます。予めご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
※ライブビューイングは、体験会場でのスタンド形式となります。

開催概要

日程 2021/07/14(水)
時間 13:00~18:00
内容 空間情報シンポジウム XR-Day ライブビューイング
インフォマティクスMR製品体験
場所 TKP品川カンファレンスセンター
アクセス JR品川駅 高輪口より徒歩3分 京急本線品川駅 高輪口より徒歩3分https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shinagawa-shinkan/access/

※インフォマティクスMR製品体験は1時間ごとの交代制となります。

ソリューション紹介

GyroEye Holo

「GyroEye Holo」の詳細はこちら

Microsoft社のHoloLensを活用したMixed Reality用のパッケージソリューションです。お客様がお持ちの2D図面/3Dモデルを現実空間に実寸大で投影することができ、下記の用途に活用できます。

・3Dモデルを活用した出来形の確認・干渉チェック
・インサートの墨出し作業支援
・教育トレーニング等

現在土木・建築業界を中心に100社以上のお客様にご利用いただいており、実際の現場施工の生産性向上に貢献できるソリューションとなります。
ぜひご体験ください。

XRoss野帳

「XRoss野帳」の詳細はこちら

Microsoft社のHoloLensを活用した遠隔臨場・変状調査ソリューションです。下記3つの機能を有したパッケージソフトウェアとなります。

遠隔臨場:現場のHoloLensと遠隔地のPCをインターネットで接続し、映像・音声・朱書きを用いて双方向のコミュニケーションを実現

帳票連携:デジタルノギスやデジタルメジャーを使用し、計測結果を遠隔地にあるPCのExcelやスプレッドシートに自動入力することが可能

変状調査: HoloLensで朱書きをした変状の箇所を直接図面に反映し、ひび割れの総延長や矩形総面積の集計が可能

昨今話題となっている「遠隔臨場」に対応したソフトウェアとなります。
ぜひご体験ください。

お申し込み

体験会は1時間ごとの交代制となります。ご希望の時間帯をお申込ください。

 

© 2021 空間情報シンポジウム2021