動作環境

SIS OS対応状況:Windows 10への対応状況

Windows 10への対応

動作確認はWindows 10 Professional (Version 1511 (OS build 10586.29) ) の32ビット版と64ビット版で行いました。
(Hyper-V環境を除きます)

注意事項

SIS 8.0(Mapシリーズ)
SIS 7.1/GeognoSIS 7.1

SIS 8.0(Mapシリーズ)

■SIS画面のスタイルについて

SIS 8.0からSIS画面のスタイル設定に「Microsoft Visual Studio 2012」の「淡色」と「濃色」が追加されました。
Windows 10へインストールすると初期設定がこのスタイルの「淡色」になります。

図1:コントロールバーに「プロパティ」タブを表示したSIS全体の画面イメージ

また、通常、初期設定される「Microsoft Windows 7」のスタイルを適用した場合、以下のようにほかのOSとはやや異なったスタイルで表示されます。

図2:「Microsoft Windows 7」のスタイルを適用した画面イメージ

例えばWindows 7で同様のスタイル(Microsoft Windows 7)を適用すると図3のような表示になります。

図3:Windows 7で「Microsoft Windows 7」のスタイルを適用した画面イメージ

SIS 7.1/GeognoSIS 7.1

■テキストのフォントについて
「オーバーレイ」ダイアログの「スタイル」タブやラベル主題図の「フォント」には、「環境設定」ダイアログの「色とスタイル」タブの「フォント」が初期設定されます。

図4:「オーバーレイ」ダイアログの設定画面

通常は「MS Pゴシック」が適用されますが、Windows 10へインストールすると環境によっては「Yu Gothic UI」が設定される場合があります。
必要に応じて「ファイル」の「環境設定」コマンドを実行し、フォントを変更して対応してください。

図5:「環境設定」ダイアログの設定画面

ActiveXシリーズやGeognoSISではシステムプロパティ(SIS_OT_SYSTEM)の「_OverlayFont$」に変更するフォントを指定してください。

-動作環境

© 2021 株式会社インフォマティクス