動作環境

動作環境・対応ファイル(v62)

Piranesi 動作環境

Piranesi V6.2 動作環境 for Windows

OS Windows XP (32bitの場合はSP3以降、64bitの場合はSP2)、
Windows Vista SP2以降、Windows 7 SP1以降、Windows 8(いずれのOSも32 bit 及び64 bit)
CPU Pentium 4以上 (または完全互換のプロセッサ)
メモリ 1GB以上 (より快適な操作のために高速なCPUと大容量のメモリを推奨)
ハードディスク 1GB以上の空き
モニタ解像度 1024×768以上(32768色以上)
カラーパレット 65536色(16bit)以上(高解像度のTrueColourモニタを推奨)
Webブラウザ Internet Explorer 7.0以上
(3D点景のモデルデータダウンロード、ヘルプの表示に必要)
提供形態 パッケージ版(DVDメディア)またはダウンロード版
その他 ・DVD-ROMドライブ(パッケージ版の場合、必須)
・インターネット接続環境(ライセンス登録、建材メーカーのライブラリを利用する際に必要、クラウドタイプライセンスの場合は常時接続必須)
・e-mail送受信環境(ライセンス情報をお知らせする際に必要。携帯不可)
・PDFリーダー(説明書PDFの表示に必要)
・MSXML6(SP1)以上(Windows XP x64Editionのみ)
・Wintab互換タブレット対応

Piranesi バージョン別 正式対応および動作確認一覧(Piranesiユーザーページへ)

Piranesi V6.2 ネットワークライセンスサーバー 動作環境

ネットワークライセンス(サーバー設置タイプ)をご利用の場合、Piranesi V6.2の ネットワークライセンスサーバープログラムの動作環境は以下となります。

OS Windows XP (32bitの場合はSP3以降、64bitの場合はSP2)
Windows Vista SP2 以降、
Windows 7 SP1以降、
Windows Server 2003 SP1 以降、
Windows Server 2008(いずれのOSも32ビット及び64ビット)
その他 Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ(Windows Server 2003の場合)

 

Piranesi 対応ファイル

作業するには EPix(Piranesi独自の3次元キャンバス)
EPP(EPixパノラマファイル)
*付属ツール「Vedute」で、3DS、3DDXF、DWG、FBX、SKP、MAN、THFファイルからEPix、EPPファイルを作成可能
*サポート契約者様専用ツール「Fotografia」で、写真画像からEPixファイルを作成可能(Windowsのみ)
インポート/エクスポート BMP、DIB、JPG、JP2、PCT、PNTGQTIF、TIF、TGA、PNG、
PSD(※1)、 PDFSGI、EPix、MOV(※2)
点景/テクスチャ
ブラシ/グレイン
BMP、DIB、JPG、PCT、PNTGQTIF、TIF、TGA、PNG、PSD、PDF、EPix、EPP(※3)、MOV(※3)
3D点景 3DS、DXF、FBXRPC、SKP、MAN、THF、(3DS、SKP、MANの場合、設定されているテクスチャの読み込み可能)、PCF(※4)

※1 エクスポート時に、Piranesiのマテリアル情報をPhotoshopのレイヤに自動変換が可能
※2 EPPファイルを利用している場合
※3 テクスチャ、質感として使用可能
※4 点景ツールで使用可能

 

この製品のお問い合わせ

ライセンス登録、操作方法など、ご購入後の技術的なお問い合わせはこちら
ご購入前のお問い合わせは、営業部 TEL 044-520-0850

または、こちらのフォームをご利用ください。

© 2021 Piranesi|株式会社インフォマティクス