製品・サービス

SIS8.0の新機能カタログが完成しました

本日は事業推進室のスタッフよりお届けします。


SISの新バージョン8.0が1月31日にリリースされました。

各種機能を一層充実させ、パワーアップして登場したSIS8.0。今回のバージョンアップでは、「処理速度」「操作性」「地図表現」「カスタマイズ機能」の向上が大きな強化ポイントとなっています。

例えば、主題図の描画速度が一段とスピードアップしていますので、より快適に作業していただけますし、対応データ形式も地理院タイルをはじめ新たに約30種類が追加され、一層多種多様なデータのご利用が可能となります。

さらに、複数の操作を記録し、あとからそれを呼び出して自動実行できる便利なカスタマイズ機能も装備されていますので、作業の大幅な効率化が期待できます。元々、カスタマイズに便利な関数やAPIメソッドが豊富に提供されているSISですが、8.0では新たに約50種類の関数、10余りのAPIメソッドが追加され、開発者の方への支援をより強化しています。

そしてこのたび8.0のリリースに伴い、新機能をまとめたカタログも作成しました。両面ペラの体裁ですが、関係者達の細かなこだわりもあり、山あり谷ありの道のりでしたが、このたびようやく完成いたしました。

DSC_0010

カタログ表裏の上部には、今回新たにデザインされたビジュアルイメージを配置しています。このデザイン、8.0のキービジュアルとしてSISの各種マニュアルやパッケージ、インストーラにも使われています。

今回のデザインコンセプトは「クラウド(雲)」と「スピード感」。そのコンセプトに合う画像ということで、プロダクトマネージャーが流れる雲の写真を選び、それをベースにデザイン担当O氏が加工を施しました。中央の逆光部分に「8」を重ねることでバージョンを強調したとのこと。確かに8の下あたりに光がピカーッ!と差していて、バージョンが際立っています。

「SIS」に比べて「8」をかなり大きく扱っているので、うまくバランスがとれるようにタイポグラフィー(配置、構成、文字の大きさ、文字間、行間など)を工夫したほか、SISのプロダクトカラーと写真画像が違和感なく自然な形で合わさるよう、背景写真の色味調整に注力したとのことです。ビジュアル一つにも、こうした見えない工夫が詰まっているんですね。

SIS8.0の主な新機能について、以下のページで詳しくご紹介しています。ぜひご参照ください。(本社 事業推進室 M.F.)
SIS活用講座 第3回 SIS8.0ご紹介(1)
SIS活用講座 第4回 SIS8.0ご紹介(2)
SIS活用講座 第5回 SIS8.0ご紹介(3)
SIS活用講座 第6回 SIS8.0ご紹介(4)
SIS活用講座 第7回 SIS8.0ご紹介(5)
SIS活用講座 第8回 SIS8.0ご紹介(6)

【今日は何の日:3月8日】
「みつばちの日」
「みつ(3)ばち(8)」の語呂合せに由来。全日本蜂蜜協同組合と日本養蜂はちみつ協会が制定。みつばちと言えばハチミツ。ハチミツには良質なビタミンやミネラルをはじめ、アミノ酸や酵素などの栄養が豊富に含まれています。種類もレンゲ花、 アカシア花、リンゴ花、クリ、トチなど色々あるようです。ちなみに、「はちみつの日」はやはり語呂合わせで8月3日だそうです。

-製品・サービス
-,

© 2022 広報室ブログ|Informatix Inc.