ノベルティ 旅行

6月のカレンダーをお届けします

今回は本社技術開発部のスタッフが、2015年インフォマティクスカレンダーの6月の写真をご紹介します。


インフォマティクスカレンダーの2015年6月の写真に選ばれたのは、品川駅からほど近い、柘榴(ざくろ)坂で撮ったアジサイの花です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

え?これがアジサイの花? まだ咲きかけじゃないの? それとも散りかけ? と思われた方、いらっしゃいますか?
これは「ガクアジサイ」と呼ばれるアジサイで、これで立派な満開状態です。

アジサイと言えば、鎌倉の明月院(別名:アジサイ寺)が有名ですが、一般にアジサイというと、下の写真のように丸い形をしています。
手まりアジサイとも呼ばれる、この丸いアジサイがオリジナルで、ガクアジサイは派生した品種だと考えられがちですが、実はガクアジサイの方が日本に自生する原種なのだそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アジサイが西洋に持ち込まれた時、「東洋のバラ」と言われ、大変な人気を博したそうです。
最近は色も形も様々な品種があり、世界中で人気があるそうですが、私はこの「楚々とした感じの」ガクアジサイが一番好きです。

カレンダーには選ばれませんでしたが、私のアジサイ写真コレクションから、2つのお気に入りを紹介します。

1つ目は、かわいいピンクのアジサイです。
アジサイは、花びらに見えるところは実は「ガク」なのだというのは皆さんご存知だと思いますが、このピンクのアジサイ、よ~く見ると、真ん中にちゃんと「花」が咲いている!
色も可愛いけど、花も可愛いと思いませんか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2つ目は、なんとも不思議な七変化のアジサイです。
アジサイは、同じ株でも土のpH によって赤や青になるし、また、咲き始めから散るまでにも花の色が変わるので、花言葉の中に「移り気」というのがありますが、これは1つの花の中にすでに葛藤があり、色を決めかねているようです。
何を迷っているのかなぁ、と思わず問いかけてみたくなります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先週、久しぶりに関東地方にまとまった雨が降った後、いきなりアジサイの葉っぱが大きく濃い緑になり、一気に存在感をアピールしてきました。
そろそろ梅雨入りでうっとうしい季節ではありますが、道端で雨を受けて輝くアジサイの様々な表情を見て歩くだけでも、心が洗われますね。(本社技術開発部 M.M.)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
20150529_6

【今日は何の日:5月25日】
「広辞苑記念日」
1955年5月25日、戦前からあった「辞苑」を大幅に改訂した「広辞苑」(初版)が岩波書店より発行されたことに由来。初版は20万語収録で2300ページ、最新の第六版(2008年発行)は24万語収録で3000ページだそうです。700ページ増えても、紙の進化により本の厚みはさほど変わっていないとか。すごいですね!第七版は2018年頃発売予定だそうです。「船を編む」という映画を観たことがありますが、長い年月をかけて言葉を集め編んでいく辞書編纂というお仕事の大変さや素晴らしさ、同じ志を持った人どうしの絆、そして登場人物の言葉に対する愛情を感じて、温かい気持ちになりました。

-ノベルティ, 旅行
-

© 2022 広報室ブログ|Informatix Inc.