ノベルティ

2013年インフォマティクス カレンダー、完成しました!

先日(11/9)のブログでもご紹介した、2013年のインフォマティクスカレンダーが無事納品されました。
納品されたカレンダー

今回は、より写真印刷に適した紙質に変えたこともあり、オリジナルの色がきれいに再現されていて、会心の出来です!ここで中身をすべてご紹介したいところですが、お客様がカレンダーを開封してご覧になる楽しみを半減させてはいけませんので、あえて控えておきたいと思います。とはいえ、全くお見せしないのもさびしいので、本日は表紙についてご紹介します。

表紙に掲載されている写真は、2010年社員旅行で行った沖縄で、美ら海水族館へ行く前に立ち寄ったエメラルドビーチから見た伊江島です。 10月上旬とはいえ、まだ夏の陽射しが残っている沖縄で、透き通った海に浮かんだ島の上に大きな雲と真っ青な空。「これで片手にキュッと冷えたビールでもあれば、サイコーですね!」(撮影者M氏談)当初、この写真は7月か8月への掲載を検討していたのですが、撮影時期が10月上旬だったため、表紙への採用となりました。
2013年のインフォマティクスカレンダー※画像をクリックすると、表紙の写真が拡大表示します。

水平線の上に浮かぶ大きな入道雲。まるで「天空の城」のような不思議な形ですよね。この写真にふさわしい句については、スタッフで最後まで検討を重ね、「雲の峰 風なき海を 渡りけり」という夏目漱石の句を選びました。雲の峰とは、俳句の季語で「入道雲」を意味することば。そして、この句は、漱石がイギリス留学の途上(インド洋上)で詠んだ句だそうです。期待と不安を抱きつつ、新しい世界へ向かっていく心情がよく出ていますよね。

来年も、各月に掲載されている写真やその写真にまつわるエピソード、そして写真に添えた短歌や俳句をこのブログで紹介していきますので、ぜひお楽しみに!(本社 事業推進室 M.N.)

-ノベルティ
-

© 2022 広報室ブログ|Informatix Inc.