ノベルティ 旅行

11月のカレンダーをお届けします

毎月最終週は、インフォマティクスカレンダーをご紹介。今月は、大阪営業所/技術部のスタッフからお届けします。


11月のカレンダーの写真は、奈良公園のはずれにある飛火野で、人も鹿もいない静かな空間に浮かぶ雲を見つけた際に撮影した一枚です。写真に添えた和歌は 古今和歌集に入っており、皆さんもご存じの一句です。秋風が静かに吹き渡る音が聞こえてくるような、爽やかな風景にぴったりな句を選ぶことができ、事業推 進室のスタッフも自画自賛しています。

奈良公園(奈良県奈良市)
※画像をクリックすると拡大します。

奈良県奈良市

秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる
(秋がやってきたと、目にははっきりと見えないけれども、風の音によって秋だと気づかされたことだ。)

秋の奈良といえば正倉院展。今年も10/26(土)~11/11(月)の会期で開催されています。1300年も前の宝物が現代まで美しい状態で受け継がれているなんて、本当に素晴らしいことだと思います。

正倉院展は平日に行ってもチケット購入や入場待ちの人が行列をなしており、博物館内にもたくさんの人々がひしめいています。しかし、その周辺は広大な奈良公園。博物館から少し東へ足を運べば、この写真のように広々とした空間が広がっています。

チケット購入・入場待ちの人が行列をなす正倉院展
広々として自然豊かな奈良公園

博物館は奈良公園の中にあり、周辺には大仏殿、春日大社、興福寺など、修学旅行でもお馴染みの名所が数多くありますが、奈良ホテル南西方面にたたずむ元興 寺(がんごうじ)もなかなか渋い名所です。元興寺は、飛鳥京にあった法興寺が平城京に移された寺院で、飛鳥時代の瓦が今なお現役で雨露をしのいでくれてい ます。

修学旅行定番の東大寺大仏殿
元興寺の瓦:飛鳥時代の瓦が今なお現役

最後に、前売り券を持たずに正倉院展を見に行こうと計画されている方へ、少しだけアドバイス。あらかじめ近鉄の営業所で前売り券を購入されておくことをお 勧めします。近鉄奈良駅なら、地上へ上がる階段の手前に営業所があります。料金は100円安くなるだけですが、チケット購入窓口に並ぶ必要がなくなるの で、その分早く入館できます。(大阪営業所 技術部 F.N.)

-ノベルティ, 旅行
-

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス