ノベルティ 旅行

10月のカレンダーをお届けします

毎月最終週は、インフォマティクスカレンダーをご紹介。今月は、本社/技術部のスタッフからお届けします。


10月のカレンダーの写真は、北海道旭岳で撮影した一枚です。

旭岳(北海道) 
※画像をクリックすると拡大します。

北海道上川郡東川町

ふるさとの 山に向かひて 言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな
(故郷の山に向かってはただただ感無量、言う言葉を知らない。故郷の山はありがたいものだなあ。)

昨年、少し早い紅葉を見に行こうと思い立ち、北海道で最も標高の高い旭岳へと向かいました。

当日の天候は幸いにも晴れ。ロープウェイで標高1,600mの散策路へ到着すると、10月上旬の山肌はすでに紅葉が始まっていました。
山岳ガイドさんより、チングルマの綿帽子や、紫の花を咲かせるエゾオヤマノリンドウなど、秋の高山植物の魅力を教えていただき、夏とは違った楽しみ方があることに気づかされながら歩きました。
旭岳の高山植物
紅葉といえば、普通は背丈より高い場所の木々を楽しみますが、高山ではメインの紅葉は足元です。そんな新鮮な紅葉狩り(?)をしていた私たちでしたが、ガ イドさんから「少し急ぎましょう」との声が。何だろう、と不思議に思いながら展望台にたどり着くと・・、そこには、10月のカレンダー写真に選ばれた、鏡 池に映る旭岳の景色が広がっていました。

穏やかに動く雲と暖かな陽光、澄んだ空気を感じながら眺める旭岳は、テレビや写真で見る美しい映像そのもの。まるで自分がその中に飛び込んでしまったよう な錯覚を覚えるほど、見事な景色でした。(撮影チャンスを待っていたカメラマンさんたちが「こんなの滅多にないよ」と太鼓判を押すほど!)

その後、カレンダー写真の右側に見える噴気孔を観察したのですが、その頃には先ほどの晴天が一転。雲が空を覆い、山頂が見えなくなっていました。

ガイドさんがあの時急がせてくれたお陰で、美しい景色が見られたのだと気づき、山の天気の変わりやすさを熟知した彼の経験と 感動を届けたい!というおもてなしの心に、深い感銘を受けました。

先週9/19、旭岳は初冠雪を観測したそうです。平地で秋が来たと思ったら、山ではもう冬支度が始まっているんですね。このカレンダーの写真に時折目を向 け、冬に向かって少しずつ歩みを進める大自然に、思いをはせてみてはいかがでしょうか。(本社 技術部 M.N.)
旭岳(北海道)

-ノベルティ, 旅行
-

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス