お知らせ 製品・サービス

当社製品が中小企業優秀技術・新製品賞の奨励賞を受賞(続編)

GyroEye(ジャイロアイ)の中小企業優秀新技術・新製品賞受賞に関する記事の続編です。今回は、GyroEyeの営業スタッフより表彰式の様子をお届けします。


当社のARシステム「GyroEye」が、このたび中小企業優秀新技術・新製品賞ソフトウェア部門で奨励賞をいただき、担当営業としても大変うれしく思っております。

昨日4月9日(木)に表彰式がありましたので、その様子をご紹介します。20150410_1式には、三原社長、私の直属の上司であるOマネージャ、私の3名で出席しました。会場となったのは、九段下駅からすぐのところにあるホテルグランドパレスという立派なホテルでした。

式は12時20分からで、一般部門30点、ソフトウェア部門7点の計37点の表彰が行われました。今年は応募総数331件で、そのうち一般部門が279件、ソフトウエア部門が52件だったとのことです。1社1社表彰されていき、式自体は約1時間半くらい続いたでしょうか。そのあと、代表者だけの集合写真撮影がありました。20150410_2会場には、中小企業庁長官をはじめ、りそなホールディングス代表や産学のお偉い方々が多数いらっしゃいました。受賞企業からはおそらく3~4名ずつ出席されており、審査員、来賓を合わせると総勢200名くらいだったのではないでしょうか。20150410_3

表彰式が終わり、14時過ぎからはフロアを替えてレセプションがありました。招待状には「軽食」とありましたが、とても豪華なランチビュッフェでした。シェフがその場でステーキを焼いていたり、しゃぶしゃぶを振舞っていたり。お寿司、うな丼、お刺身、洋風・和風の料理の数々、飲み物多数など・・。大変おいしくいただきました。

受賞者代表挨拶の中で印象に残ったのが「受賞となった中小企業も、そうでない企業も、技術力の差は僅か。それを少しずつ蓄積していくことが大事」というコメントです。確かに、その1つ1つの蓄積と各社の力の結集により、今日の技術立国・日本があるのだなと改めて感じ入りました。(本社営業部 K.K.)

【今日は何の日:4月10日】
「建具の日」
全国建具組合連合会が1985年に制定。 建具の要は「戸」であり、春は住宅の新築・増改築が多く、建具に関心が集まることから「よ(4)いと(10)」(良い戸)の語呂合せとしたことに由来。新築・リフォームの際、設計図を見てもそれだけではなかなか実際のイメージがわきづらいですよね。ブログでご紹介したARシステム「GyroEye(ジャイロアイ)」を使えば、設計図面上にタブレットをかざすだけで、図面情報を元にした3次元模型が瞬時に現れるため、建物イメージをすぐに確認できます。ご興味のある方は、ぜひこちらをご覧ください。

-お知らせ, 製品・サービス
-,

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス