旅行

台湾旅行記

先週末、台湾(台北)へ行ってきました。

現地在住の知人が案内してくれたおかげで、初の台湾旅行にもかかわらず、ガイドブックに載っていないようなディープな場所を体験することができましたので、ご紹介します。

こちらは、地元の人にも人気の高い山へハイキングに行った時の写真です。ハイキングといっても崖を登るような場所もあり、スリリングでした。
ハイキング

生鮮食品は主に朝市で購入するようです。

鳥の丸焼きがおいしそうです 多くの人で賑わう朝市
生肉店

こちらは乾物市場です。おなじみの中国茶が安価で手に入りました。ほかにも、乾燥ナマコやフカヒレ等も売られています。
乾物市場

街並みは異国情緒溢れるような、それでいて親近感があるような、何とも不思議な空間でした。

台湾市街。奥にファミリーマートがあります レトロな建物
地元の人々が参拝に訪れるお寺 軒先に洗濯物が干されていて、庶民的な雰囲気

このように大変魅力的な台湾ですが、地図に携わるインフォマティクス社員として気になるのは「街の地図」。街並みが古いこともあり、地図もさぞかし古めかしいのでは?と思っていましたが・・。

左下はMRT(地下鉄)にある地図です。右上の方位にご注目。北が上ではなく、現実の方向と合わせているのは日本と同じですね。地図の色合いも見やすいで す。また、右下の路線図は、構内図と並べてあるため大変親切です。デザインも日本の地下鉄と変わりません。

地下鉄駅の周辺&乗換案内図 路線図、構内図

こちらは北投(温泉街)の案内図です。シンプルながらも主要な観光地がまとめられていて、わかりやすいです。ウォーキングコースとしても利用できるように、地点間のカロリーが表示されているのがユニークです。
温泉街の案内図

台北は台湾の中心都市で観光客が多いからなのか、わかりやすい地図が多く、道に迷うことはほとんどありませんでした。(迷っても、地元の人が声をかけてくださいました!)

皆さんも異国へお出かけの際は、ぜひ地元の地図もチェックしてみてくださいね。(本社 技術部 M.N.)

-旅行
-

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス