社内風景

動画制作は大変だ

当社のマーケティングチームも、多くの企業同様、セールスマテリアルを作成し、販促活動を行っています。今日はその中でも近年イベントやセミナーでの利用場面が増えてきた動画の制作についてお話します。正確には、制作の大変さのお話しです。

もともと動画制作は、企画・編集に時間も労力もかかり高度なスキルも必要とされる大変な仕事なのでプロの映像屋さんが存在しているわけですが、最近はYouTubeをはじめとする動画公開サイトが盛り上がっており、プロ・アマの垣根が曖昧になってきていると思われている方が多いのではないでしょうか。

しかし、私自身はそうは思いません。CGを使ったオードリー・ヘプバーンのチョコレートのTV CMなどを見ると、さすがプロは違うなと思います。(よかったら動画サイトで検索してみてください。とても良くできています。)

ついでに申しますと、そもそも「動画」とは何ぞや、というのが私の印象です。長く企業の販促に携わってきている私ですが、いつもそう思います。以前は普通に「映像」、少し前だと「フイルム」、もっと昔は「キネコ」と呼ばれていたもの。古い職人気質の映像人(職人)はビデオ映像のことを「V」などと言って、画質を 軽蔑していました。

先日、色々な映像を紹介するバラエティ番組「ナニコレ珍百景」に出ていた藤岡弘さんは、カメラマンのことを「キャメラ!」と言っていました。カでなくて キャ!と言い、呼び捨てでした。(余談ですが、その番組のナイス・サバイバルのコーナーは面白いですよ。おすすめです。)

さて、話を動画に戻します。映像ではなく、あえて「動画」と呼ぶのは、おそらくインターネット上で静止画と区別する際に「動画」と呼ぶほうがしっくりくるためではないかと思います。

なかなか本題に入りませんが・・、テーマは「動画制作は大変だ」でしたね。きっかけは、シンポジウムのオープニングや幕間の映像作りです。会社の歴史をビデオで綴ろう、という話が持ち上がりました。

私は以前映像ビジネスの一角にいましたので、これにどう対処しようかと悩みました。予算はありません。最近は低予算で映像制作を請け負う会社もあるようですが、外注も期待できずという状況。しかも今回は社長命題です。どうしようかと・・。(続く?続くのか?)(本社 事業推進室 T.K.)

制作したビデオ「The History of informatix」のオープニング画像

制作したビデオ「The History of informatix」のオープニング画像

制作したビデオ「空間情報シンポジウム2013」の1シーン

制作したビデオ「空間情報シンポジウム2013」の1シーン

制作したビデオ「空間情報シンポジウム2013」の1シーン

 

-社内風景
-,

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス