その他

会長夫人のソプラノリサイタルに行ってきました

本日は本社/技術部のスタッフからのレポートです。


先週10/15(水)の夜、浜離宮朝日ホールにて、インフォマティクス会長の奥様である長島淑子さんのソプラノリサイタルがありましたので、行ってきました。

浜離宮朝日ホールは音響が素晴らしく、今回のようなソプラノリサイタルやピアノソロ、室内楽のコンサートには最適なホールだと思います。

リサイタルの曲目は、メンデルスゾーン姉弟、リヒャルト・シュトラウスの歌曲でした。弟のメンデルスゾーンやリヒャルト・シュトラウスは一般的にも有名な 作曲家ですが、メンデルスゾーンのお姉さんが作曲していたこと、しかも、あのような良い曲を作っているとは全く知りませんでした。

淑子夫人はいずれの曲も情感たっぷりに歌い上げていらっしゃって、本当に素晴らしいリサイタルでした。ソプラノの美しい歌声に包まれて夢のような時間を過ごし、仕事の疲れもすっかり癒されてリフレッシュすることができました!

アンコール最終曲は、メンデルスゾーンの曲の中でも特に有名な「歌の翼に」でした。これは、誰もが知っているメロディーだと思います。帰り道は頭の中でずっと「歌の翼に」が流れていて、いつの間にか口ずさんでいました。

東京にはたくさんのホールがあり、毎日多くのコンサートが開催されています。ホールに一歩足を踏み入れると、そこはもう別世界。仕事のことはすっかり忘 れ、独特の雰囲気に浸ることができます。皆さんも仕事帰りにクラシックコンサートを聴きに行って、リフレッシュされてみてはいかがでしょう?

余談ですが、クラシック音楽好きの私は、コンサートホールで聴くのも好きですが、自分でも趣味で楽器を弾いています。来月11/9(日)、所属しているアマチュアオーケストラのコンサートすみだトリフォニーホールで予定されています。曲目はバルトークの「管弦楽のための協奏曲」ほかと少々渋めですが、当日券もありますので、ご興味のある方はぜひいらしてください!(本社 技術部 S.N.)

情感たっぷりに歌う淑子夫人

情感たっぷりに歌う淑子夫人

美しい歌声で仕事の疲れもすっかり癒されました

美しい歌声で仕事の疲れもすっかり癒されました

 

【今日は何の日:10月20日】
「リサイクルの日」
リサイタルの日ではありません、リサイクルの日です。「ひと回り(10)、ふた回り(20)」の語呂合わせから、日本リサイクルネットワーク会議が 1990年に制定。(東京都北区の金属回収業者さんが1990年に提唱したリサイクルの日(6/9)もあるそうです。)リサイクル(recycle:再循 環)、リデュース(reduce:減量)、リユース(reuse:再使用)の3R活動が推進されています。冬物衣料が恋しくなる季節、でも買う前にはタンスの中をチェックして、着なくなったものを再利用、再使用、再生してから・・ですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-その他
-

© 2020 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス