スポーツ・健康

マラソン大会に出場しました

今回は、マラソン大会に出場した名古屋営業所のスタッフからのレポートをご紹介します。

3/10(日)、名古屋ウィメンズマラソン2013に参加しました。

昨年はこの大会初参加で10kmの部に参加し、楽しく完走できたので、今年はフルマラソン(42.195km)に挑戦しました。コースはナゴヤドーム発着 で、栄のテレビ塔~100m道路~名古屋城~市役所など市内の名所をめぐるほか、名古屋営業所の移転前のビルや現在のビルの前も通ります。

ちなみに、この大会には約15,000人もの女性ランナーが参加。女性だけのマラソン大会(フルマラソン)での参加者数13,114人が昨年ギネス世界記 録に認定され、今回は14,554人でそれを更新したとのこと。大会公式フェイスブックによると完走率は97%だったそうです。女性だけの大会だけあっ て、色鮮やかで華やかな雰囲気。緊張というよりも、お祭りの時のようなワクワク感とドキドキ感がありました。いつも歩道から見ている車道が女性ランナーで 埋め尽くされ、全然違う場所のように思えました。

スタート前の様子

スタート前。皆さん、服装がカラフル。

フルマラソン参加者全員の名前が刻まれているボード

フルマラソン参加者全員の名前が刻まれているボード。
ついつい自分の名前を探しながら、カシャ。

いよいよスタート!最初の10kmまでは余裕でしたが、営業所の旧住所(約23km地点)と新住所(約25km地点)を通過する頃には足に痛みが・・。でも、大会前に先輩達から「すごいね」「頑張ってね」と声をかけられたことを思い出し、とにかく前へ前へと足を進めました。

28km、かなり辛くなってきた頃に金のシャチホコが輝く名古屋城が見えてきて、マラソンの醍醐味を感じました。34km地点にある名古屋市役所も、こんなにしっかり見たのは初めてだったかもしれません。35kmあたりで雨が降り出し「辛いなぁ」と思ったのですが、雨の中でも応援してくれる人たちがいてとても励まされました。結局、残り10kmはほとんど歩きになってしまいましたが、それでも頑張れたのは、沿道の人達の応援があったおかげです。見ず知らずのランナーに「がんばれー!」と声援を送ったり、ハイタッチをして元気をわけてくれました。

28km地点

28kmほどの地点。反対車線(復路)はコース一番の難関。
1kmで10mの高低差があります。

完走を目指して参加したマラソンでしたが、ゴールが近づくにつれ「制限時間内での完走が実現するんだ」という実感が湧いてきたのには自分でも驚きました。

私にとってのマラソンの魅力は、
・いつもと違う視点で街を走れること
・1年分以上ではないかと思うほど、たくさんの応援を受けられること
・やりきった感(達成感)があること
・努力の成果がわかりやすいこと(○○km走れた)

です。今回のフルマラソンは辛かったですが、これからしっかりと練習を積んで、次回はもう少し心に余裕のある状態で街を眺めながら走りたいと思います。42.195km完走という目標を達成できたことを自信にして、また沿道から受けた多くの声援を糧として、仕事もマラソンも一生懸命頑張りたいと思います!(名古屋営業所 技術開発 Y.K.)

0322_3

ゴール地点 ※前日に撮影したものです。

0322_5

完走者にプレゼントされたティファニーのネックレス。名古屋市の花である「百合」がデザインされています。
ゴール地点でイケメンの「おもてなしタキシード隊2013」から手渡されます。

 

-スポーツ・健康
-,

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス