社内イベント

フレッシュマンが入社しました

今年は例年に比べ桜の開花ペースが早いと言われていましたが、JR川崎駅付近で満開の桜が咲くなか、4月1日(月)、インフォマティクス本社にて新入社員の入社式が行われました。全体会議も兼ねているため、他の社員も参加しての入社式となりました。三原社長、長島会長のあいさつに続き、多くの先輩社員が見守るなか、男性4名の新人が緊張気味に自己紹介。本人たちのドキドキが、こちらまで伝わってくるようでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会長のあいさつでは、経営理念や 知恵の創造についてのお話がありました。「知恵の創造®」は、経営理念と並んでインフォマティクスの根底を流れる基本理念で、「ものごとを色々な角度から 眺め、見つけた課題を解決する。そして、もっと良い方法はないか考え続ける」ことにより新しい価値を生み出す、という基本姿勢を表した言葉です。つねに知 恵を出し続け、お客様に価値を感じていただけるソリューションを提供するという原点を、社員一同、あらためて思い起こしました。

ちなみに、平成25年度の新入社員のタイプは「ロボット掃除機型」だとか。「一見どれも均一的で区別がつきにくいが、部屋の隅々まで効率的に動き回り家事 など時間の短縮に役立つ。しかし段差(プレッシャー)に弱く、たまに行方不明になったり、裏返しになってもがき続けたりすることもある。能力を発揮させる には環境整備(職場のフォローや丁寧な育成)が必要」(出典:公益財団法人日本生産性本部「職業のあり方研究会」)だからだそうです。

一般的なタイプとして「ロボット掃除機型」と言われている今年度の新入社員ですが、 インフォマティクスの新入社員はなかなか個性豊かなメンバー揃いで、少なくとも「裏返しになったまま、もがき続ける」ようなタイプではなさそうです。七転 び八起き、段差にも障害物にもめげず、お掃除ロボのように人から重宝され愛される人財に育っていって欲しいなと思います。(本社 事業推進室 M.F.)

-社内イベント
-

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス