イベント

シンポジウム事務局だより - 詳細プログラム冊子が完成しました

本日は本社/営業部販促のスタッフからのレポートです。


あっという間に6月も後半。空間情報シンポジウム(東京・札幌・福岡)開催まで、残り3週間となりました。

詳細なプログラム内容が掲載された冊子(三つ折)が完成し、送付希望の方への送付も終了しました。ひょっとしたら、お手元に届いている方もいらっしゃるかもしれません。
DSC_0034

今回で20年目となる記念シンポジウムでは、例年にも増して豪華な講師陣をお迎えします。先日、講師のお一人である藤村英範様(国土交通省 国土地理院 地理空間情報部 情報普及課長)に地理院パートナーネットワーク会議でお会いする機会があったので、直接ご挨拶し、少しお話をしてきました。大変温厚なお人柄ながら、会議での発表時、地理院タイルのデータが印刷された四角いタイルを手に持って、「これは皆さんご存知の地理院タイルですが・・」とダジャレネタもしっかり用意していらっしゃって(あとで「ウケてよかった!」とおっしゃっていました)、大変気さくで楽しい方という印象を受けました♪藤村様、大阪会場、名古屋会場当日はよろしくお願いいたします。

20150619_2
販促チームのスタッフは、これから併設展示や当日配布物、地方会場運営の準備等々で忙しい日々が続きます。また、このブログで進捗をお伝えしていきますので、ご期待ください!(本社 営業部販促 M.F.)

【今日は何の日:6月15日】
「暑中見舞いの日」
1950年のこの日、暑中見舞いの葉書が初めて発売されたことに由来。それ以来、毎年6月~7月に暑中見舞い葉書が発売されるようになったそうです。1986年からは、クジが付き、「かもめ~る」という愛称になりました。最近は、メール、SNSで友人・知人といつでもどこでも連絡がとれるため、わざわざ葉書を出す人は減ってきたのではないかと思いますが、たまに送られてくると、ちょっとあらたまった感じがしてうれしいですよね。

-イベント
-,

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス