イベント

シンポジウム事務局だより - 基調講演者様との打ち合わせに行ってきました

空間情報シンポジウムの東京会場で基調講演をいただく、東京工業大学大学院/大佛俊泰(おさらぎ としひろ)先生との打ち合わせため、担当営業とともに大岡山キャンパスにお邪魔してきました。

大岡山キャンパスは、東急目黒線と東急大井町線が交わる大岡山駅から徒歩1分ほどの場所にあります。校門からさらに5分ほど歩くと、先生のいらっしゃる研 究棟が見えてきました。とても静かな場所で、梅雨の小雨降る中、木々の緑の心地良さを感じました。

大佛先生は、情報理工学研究科において幅広いテーマで研究をされています。なかでも、都市防災や人間行動の特性をテーマにした研究については、特に東日本大震災後何度かメディア取材も受けられたので、記事や映像をご覧になった方も多いのではないかと思います。

今回、シンポジウムで先生にご講演いただくテーマは「首都直下地震を見据えた人間行動の時空間分析」。これは、首都圏や東海、東南海、各地方都市で大地震 が発生した場合に想定される人々の行動、課題や検討事項などについて、シミュレーションの分析結果をもとに考察された内容で、今回の「安心で確かな社会を 目指そう」というシンポジウムテーマにも通じるご研究です。数々の研究でご多忙な中、先生は今回のご講演に際して熱心に準備されているご様子で、私たちも 大変感謝、恐縮しております。

打ち合わせの最後に、シンポジウムのポスターを学内に掲示していただけないかとお願いしたところ、笑顔で快諾くださり、またまた恐縮してしまいました。空間情報分野の研究者の方はクールなタイプが多い(?)なか、大佛先生はとても柔和な印象を受けました。空間情報シンポジウム東京の開催日は、7月10日(水)です。ぜひ、大佛先生の基調講演を聞きにいらしてください。特に都市防災に関心のある方、必見です!(本社 事業推進室 T.K.)
osaragi_blog
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-イベント
-,

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス