社内風景

インフォマティクス お土産マップ第2弾

本日は本社/事業推進室のスタッフからのレポートです。


昨年8月にご紹介した「インフォマティクス お土産マップ」。思いのほか反響があり(?)、8月以降、社員からもらうお土産が心なしか増えたような気がします♪

2014年1月6日、年明けの週には、色々な社員から帰省や旅行などのお土産をたくさんいただきました。
年末年始、親戚の集まりなどでいつもより増した体重がますます増える・・と心配になりましたが、同じ事業推進室のMさんの「今日から間食抜きダイエット! (ただし、お土産でもらったお菓子類は別扱い)」という心得にならい、お土産は別腹扱いとしました。皆さんからのお土産をおいしくいただきながら、「今年 も仕事に励むぞ!」と気持ちもあらたにエンジンがかかりました。

個別にいただくお菓子のほか、最近は、湯沸しポット周辺の「ご自由にお取りください」コーナーのお土産も充実してきており、お茶を入れにいったついでに、ちょこちょこつまんでいます。 「ご自由にお取りください」コーナー

さて、前回同様、弊社のGISソフト「SIS」のViewPointデータセット機能を使って、お菓子の製造元所在地にある役所の緯度経度の座標値情報を地図上にプロットすることにしました。プロット数がだいぶ増えたのですが、SISの「テキスト配置の自動調整機能」を活用することで、文字の重なりをうまく回避することができました。

今回のお土産マップでは、国内のみならず、ロブスターチョコ(ボストン名物)、インスタントコーヒーKOPIKO(インドネシア)といった海外のお土産も 含まれています。製造元所在地にある役所の座標値情報をとることにしていたため、ボストンとインドネシア(ジャカルタ)についてもCity Hallの所在地の座標値を使いました。SISを使えば、こういった地図上へのデータプロットもあっという間にできます。

お土産マップ 第2弾 お土産マップ 第2弾(海外)

ロブスターチョコ(ボストン) KOPIKO(インドネシア)
今回登場したお菓子の面々

ちなみに、ロブスターチョコは見た目がロブスターの形というだけで、粉末や香料が入っているわけではありませんでした。インドネシアのコーヒーは少し甘め でした。ボストンは北海道長万部町(「雪花青」というお菓子の製造元)と緯度がほぼ同じ。(長万部:42度30分、ボストン:42度21分)きっと今頃 は、北海道なみに寒いのでしょうね・・。

SISといえば・・。昨年の10月、11月に開催し満員御礼だった「SIS体験セミナー」ですが、1月28日、29日に再び開催す ることが決定しました。前回、前々回の体験セミナー終了後のアンケートでは「わかりやすかった。前のバージョンよりはるかに扱いやすい感じだった。」「使 い勝手がとてもよいと感じました。」「はじめてやりましたが、非常に使いやすそうでした。」など、大変うれしいご意見をいただきました。1月29日のコー スのほうは残席わずかとなっていますが、まだまだ受け付けております。このチャンスにぜひお試しになってみてはいかがでしょう?(本社事業推進室 M.N.)

【今日は何の日】
「電子メールの日(1月23日)」
「1(いい)23(ふみ)」(いい文・E文)の語呂合わせで、電子メッセージング協議会が1994年に制定した記念日。今や仕事でもプライベートでも、や りとりの基本手段となっている電子メール。いつでも手軽にスピーディに情報を送れるので、本当に便利です。とはいえ、文字だけの世界なので、誤解や炎上が 起きないよう、面と向かって話をする時以上に言葉には気をつけたいですね。

-社内風景
-,

© 2021 広報室ブログ|株式会社インフォマティクス