GX支援ソリューション

資料・動画でご紹介!今すぐダウンロード

近年、地球温暖化による気候変動、政府によるカーボンニュートラル宣言、ESG投資の市場拡大などによりGX(グリーントランスフォーメーション)への関心が高まっており、企業のGHG排出量の削減や、エネルギー利用の効率化などの施策を進めている企業が増えてきています。

 

国内におけるGXの動向

GX(Green Transformation)は、クリーンエネルギーへのシフト、さらなる省エネルギー化技術の開発・採用推進といった脱炭素活動に伴い経済構造・技術変革、経済成長を促すとされています。GXを推進する専任の国務大臣も選出されており、政府施策の重点項目と位置付けられています。

官民の主な動向として、GX実行会議やGXリーグといった協議会を通じ、カーボンクレジット市場の形成、ビジネス機会の創発などの新たなビジネス形成の考察が行われています。

各企業においては、2028年予定の「炭素に対する賦課金」制度導入に向け、CO2排出実績と目標に応じたCO2削減に向けた取り組みが必要となります。

一方、GXは従来のように規制に対して対策を行う姿勢から、ESGに向けた取り組みを通じてステークホルダのTCFD要望に応える能動的な姿勢へ企業の行動原理を変革させるものと考えられています。

 

インフォマティクスのソリューション

インフォマティクスは、GX分野においてGIS(地理情報システム)、XR(クロス・リアリティ)、AI機械学習などの知見やソリューション開発力を活かし、「情報の集積」「可視化(見える化)」「現地調査」「分析」を中心としたアプリケーション構築を通じて皆さまを支援できると考えています。

  • GX with 赤外線センサマッピング
  • GX with 効率的な温度管理
  • GX with 温室効果ガス可視化
  • GX with 事業所別排出量統計数値3D表示
  • GX with 施設・設備 現地調査

 

GXビジネスモデル

経済産業省が主導する「GXリーグ」から公表された「ビジネス機会の創発」では、GXの社会実装により変革が想定されるビジネスモデルが紹介されています。

インフォマティクスは、以下の分野のソリューションと共にGXを提案することが可能です。

  • 情報の集積
  • 可視化(見える化)
  • 現地調査
  • 分析

サプライチェーン GX

輸配送の効率化により車両の燃料消費を減らし、CO2などの排出量を削減することができます。

インフォマティクスは地図情報を活用した最適ルートを検索するシステムでGXをご提案し、温室効果ガス排出量削減の取り組みを支援いたします。

 

国民総発電 GX

従来の水力、火力、原子力といった少数で大出力の発電を行う施設以外に、今後、風力、太陽光、バイオマス、小水力、振動や新技術による小規模な発電設備が増えていくことが予想されます。

インフォマティクスは施設維持管理GXソリューションをご提案。設備の現地調査とGXの組み合わせなど、小規模な発電設備の維持管理を支援いたします。

 

拠点再配置 GX

拠点配置の見直しにより拠点間の移動に要する距離を短縮することで、CO2などの排出量を削減することができます。

インフォマティクスは地図情報を活用した最適な拠点再配置を支援するシステムでGXをご提案し、温室効果ガス排出量削減の取り組みのほか、再生可能エネルギーを利用できる地域への移転検討も支援いたします。

<背景地図 出典>ジオテクノロジーズ

 

遠隔臨場 GX

従来、現場に直接出向き検査・確認する臨場を遠隔地から行うことで、移動の手間や現場ごとのデータ整理・管理の手間を省くことができます。

インフォマティクスは遠隔臨場GXソリューションをご提案。車両による移動が削減することで、温室効果ガス排出量削減の取り組みを支援いたします。

ホロレンズ(現場)とPC(事務所)による遠隔コミュニケーション

詳細ページ

 

インフォマティクスが提供するソリューションの特徴について >

 

システムや導入事例に関する資料請求、お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください