圧倒的な開発/導入実績から最適なソリューションをご提案

事例

神奈川県川崎市様の事例:市民協働型GIS、WebGIS「ガイドマップかわさき」の導入で、市民と行政の双方向コミュニケーションを促進!

12月 19, 2018

神奈川県川崎市 総務局 情報管理部 システム管理課 小池真哉様
GIS構築への取組み・運用に長い歴史を持つ川崎市は、市の地理情報資産を公開し、市民に広く活用してもらうことを目的にWebGIS「ガイドマップかわさき」を公開。高アクセスを誇る同システムの活用をさらに拡げ、市民との双方向コミュニケーションの促進、市民協働型GISの構築を目指している。

お客様プロフィール

人口:1,430,579人(2011年8月1日現在)
面積:144.35k㎡
所在地:〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
TEL:044-200-2111(代表)
神奈川県川崎市ホームページへ
ガイドマップかわさきへ

1924年に神奈川県下3番目の市として誕生した川崎市は、1972年、政令指定都市に認定。ハイテク企業や研究開発機関が多数立地していることに加え、東京に隣接し交通利便性が高いことから、商業拠点として現在も発展を続けている。また、2004年には「ミューザ川崎シンフォニーホール」がオープン。文化芸術の発信拠点、「音楽のまち川崎」の実現に向けて、民間と協働し取り組んでいる。

導入までの経緯

川崎市は、まず共用空間データを整備し、統合型GIS「川崎市地図情報システム」を構築。さらに、その統合型GISをベースに、WebGIS「ガイドマップかわさき」を構築した。以下は、川崎市における取組みのあゆみである。

  • 平成元年度:ホストコンピュータを利用して都市計画情報システムの運用を開始。また、旧都市整備局(現まちづくり局)においてDMによる都市計画基本図を作成し、本システムでの利用を開始
  • 平成5年度:EWSでの利用も開始し、旧建築局(現まちづくり局)において開発行為や宅地造成に関する許認可業務を、GISを利用したシステムとして構築し、運用を開始
  • 平成9年度:庁内におけるGISへのニーズの高まりを受け、全部署を対象に地図利用についてのアンケート調査を実施
  • 平成11年度~平成12年度:統合型GIS構築への取組みの基盤作りとして、ホストコンピュータからPCベースのC/S型へ移行するため、2年間かけてシステムを開発。また、庁内でGISの認識を深めてもらうために、平成12年度途中からイントラネット環境を利用した庁内向け参照用システムを公開
  • 平成13年度:5つのサブシステムから構成される「川崎市地図情報システム」の運用を開始
  • 平成14年度:共用空間データの整備を目的に、台帳管理地図情報システムの利用推進を開始
  • 平成18年度:WebGIS「ガイドマップかわさき」の運用を開始
川崎市地図情報システム
  • 共通地図システム:各システムの管理、ユーザー情報、共用空間データ、メタデータの管理、汎用フォーマットへのファイル出力など、一元的な管理を行うためのシステム
  • 基本地図システム:地図情報システムのベースシステムとして、基本機能を提供。新規システムを構築する場合にも、このシステムをカスタマイズすることで構築費用及び構築期間の削減が可能
  • 都市計画情報システム:用途照会の検索、法規制情報の分析・集計、計画の図化、マスターデータ更新、市民向けタッチパネル、都市計画図書の縦覧、主題図の出力などが可能な複数のサブシステムから構成されるシステム
  • 開発指導支援システム:開発行為・宅地造成・建築許可・既存宅地・危険宅地・監督処分・証明書交付・集計業務・開発登録簿閲覧が可能なシステム
  • 台帳管理地図情報システム:所在地情報を含む台帳(属性情報)と地図をリンクさせ、地図上で登録された台帳の属性情報について、参照並びに編集が可能となる汎用性のあるスタンドアロン型システムで、共用空間データ整備の目的で利用の推進を行っている。
  • イントラネット地図情報システム:広く庁内向けにGISの推進と共用データの公開を兼ねて、庁内インフラを利用して公開しているWebGIS
  • インターネット地図情報システム:(ガイドマップかわさき等)庁内で蓄積された地図に関する情報を、広く利用してもらうために、インターネットを通じて提供するWebGIS

WebGIS 設計の条件

市が所有する地図情報の資産を、広く市民に利用してもらうことを目的として構築された「ガイドマップかわさき」。「使い勝手の良さ」にこだわったこのWebGISは、以下のコンセプトをもとに設計された。

  • 子供からお年寄りまで、パソコン操作に不慣れな人にも使いやすい仕組みを提供する
  • 利用者の環境(OSやブラウザなど)に左右されず、誰でも利用できるものとする
  • 「見やすい」「地図表示にストレスを感じさせない」
  • ASPサービスを利用し、24時間365日安定したサービス提供を行う
  • 将来的には、行政と市民との双方向で情報共有を図るためのツールにする
「ガイドマップかわさき」 概要図

川崎市ホームページに掲載されている新着更新情報は地図情報と連動。例えば、イベント告知内にある開催場所のテキストをクリックすると、ガイドマップかわさきの地図上に目的の場所が表示される。公開サイトのコンテンツの管理はシステム管理課が集中的に行なっており、個々の公開データは認証を受けたのち、データセンターに送られ、公開サイトに反映される。

導入効果

川崎市地図情報システム(統合型GIS)を導入した主な効果としては、「データの重複作成を防げる」「運用経費を軽減できる」「業務効率を大幅に向上できる」という点が挙げられる。
また、市内各地で土地開発が進んでいる川崎市の場合、不動産業者などが都市計画情報を頻繁に閲覧する必要があるが、「ガイドマップかわさき」をカスタマイズして作成された「川崎市都市計画情報インターネット提供サービス」で都市計画情報が公開されていることで、業者は市役所に出向く手間が省けるなどの効果が現れている。

今後の展望

川崎市では、統合型GISをより多くの部署で活用できるものとするため、共用空間データの整備・充実、GIS利用部署の拡大(庁内利用者の拡大)、「ガイドマップかわさき」を活用した地域との連携等を目標に挙げている。

また、今後、コンテンツの充実とシステム機能の拡充を図ることはもちろん、市側からの一方的な情報提供だけでなく、利用者と双方向で情報共有できる仕組み、「市民参加型GIS」構築にも取組みたいという。

【ガイドマップかわさきの活用:各種空間データを重ね合わせた地図を表示してWeb配信】

 

【ガイドマップかわさきの活用:地域学習ツールとして】


 

事例や製品・サービスに関するお問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

-事例

Copyright© 株式会社インフォマティクス|Informatix Inc. , 2020 All Rights Reserved.