災害時要援護者

お客様の抱える課題

過去の風水害等の災害では、高齢者や障害者が犠牲者の半数を占めています。内閣府は「災害時要援護者の避難支援ガイドライン」を策定し、自治体での災害時要援護者対策を促進しています。自治体の災害時要援護者対策として、避難勧告・伝達手段の整備や、地域住民との情報共有の手段の整備が喫緊の課題となっています。

インフォマティクスの災害時要援護者管理システム

「災害時要援護者管理システム」は行政、地域住民が一体となって要援護者を支援することを目的としたシステムです。要援護者、自治会・民生委員ほか地域の支援者、避難所情報をGISと連携し管理します。避難所、支援者ごとの災害時要援護者の集計及び、リストの出力や、支援者向け安否確認用地図や要援護者向け避難経路地図の作成が行えます。

インフォマティクスの災害時要援護者管理システム

導入効果

行政と地域住民が一体となった支援体制確立の効果が期待できます。支援体制の確立により、住民間にコミュニケーションが生まれ、地域の連帯感・一体感の向上効果が期待できます。

開発実績


災害時要援護者管理システムの開発事例記事はこちら

お問い合わせ・資料請求

Webからのお問い合わせはこちら


 お電話によるお問い合わせ: 営業部 044-520-0850