保健医療分野向け地理情報分析システム

概要

インフォマティクスの「保健医療分野向け地理情報分析システム」は、公衆衛生学、地域医療学、救急医療学等、保健医療分野における地理情報分析を強力に支援するGIS(地理情報システム)ソリューションです。

活用イメージ

伝染病、感染症の伝播状況の分析

インフルエンザなどの感染症の伝播状況を地図上に表示でき、時間軸、空間軸上で伝播状況を把握可能になります。駅や学校など、要因となるような地理的情報を重ね合わせて地図上に表示し、空間疫学的な分析を支援します。

伝染病、感染症の伝播状況の分析例


地域の疾患傾向の分析

電子カルテやDPC(診断群分類)に付与されている来院者の郵便番号7桁データなどを基に、地域ごとの疾患傾向をビジュアル化できます。そこに既存の医療機関を重ねることで、どのエリアにどの診療科が必要かを分析でき、診療科の新設・統廃合など病院経営に直結する貴重なデータとなります。病診連携など、地域医療計画の策定にも活用できます。

地域の疾患傾向の分析の例



救急医療、へき地医療の支援

消防署や救急病院など、任意の地点から任意の時間で到達圏を作成できます。特定機能病院、救急指定病院、災害拠点病院など、特殊な医療機器や高度な医療行為が行える医療機関からのアクセシビリティを把握でき、訪問診療やAEDなど代替措置の検討にも役立ちます。地域の災害医療の計画にも有効です。

救急医療、へき地医療の支援の分析例 救急医療、へき地医療の支援の分析例


統計情報の利活用

国勢調査データなどの統計情報を地域医療計画に利活用できます。任意の地点からの同心円や到達圏を作成し、その中に含まれる統計情報を瞬時にグラフ化できます。指定した領域の人口ピラミッドが簡単に作成でき、診療圏の分析やシニア人口の動向予測に役立ちます。

統計情報の利活用例

お問い合わせ・資料請求

Webからのお問い合わせはこちら

お電話によるお問い合わせ: 044-520-0850