ロジスティクス支援

お客様の抱える課題

いかに効率的にモノやサービスを届けるか、あるいは、いかに迅速に配車手配を行うか。これまで物流や配車に携わる業務では、その技能が個人の経験に依存していたため、目的地や指定時間といった情報の活用や、スムーズな物流・配車が困難となり、顧客ニーズを満たせないケースがありました。

インフォマティクスのロジスティクス支援システム

インフォマティクスのロジスティクス支援システムは、地図上でのルートシミュレーションやGPS携帯との連携による高精度な位置把握により、配送コースの見直し、最適ルート検出や移動体管理を支援。配車業務の効率化・平準化、トータルコストの削減、配車情報の共有化などを実現します。高い操作性を備えていますので、初めての方でも簡単にお使いいただけます。

導入効果

■配車手配の効率化
車載機器や最新IT機器(デジタルタコグラフやカーナビ、GPS携帯電話、PDAなど)との連携が可能なため、ドライバーの動態や道路事情を考慮した効率的な配車手配を実現できます。


■コスト削減
店舗ネットワークに対して配送ルートの最適化物流効率検証が行えるため、各種コストを削減できます。

■売上アップ
優良ドライバーの走行履歴、実車ポイントを地図上に保存し、日時、曜日、時間帯、天候等のフィルタをかけて実車率データベースを構築。これにより、タクシー利用需要大が見込める日時や場所を予測し、売上向上を支援します。

■サービス向上
事故情報やヒヤリ/ハット情報を地図上に公開することで、注意喚起と事故防止を支援。また、各地のイベント情報を地図上に登録し独自のデータベースを構築することで、接客サービスの向上に貢献します。

物流拠点の最適配置シミュレーション例

■拠点配置や料金設定の見直し
拠点配置や料金設定の見直し

○印のエリアは、以下の点から、拠点の再配置、料金の見直しの可能性があることがわかります。
・取引先の件数はそこそこある
・取引金額や配送頻度が高く、重要顧客が 集中していると思われる
・「設定料金<輸送コスト」の傾向がある

■移動可能時間
移動可能時間

A物流センターから移動可能な時間を等時間毎に表現した例です。道路ネットワーク地図を使い、車両の移動時間により色別表示を行っています。各顧客へのサービスのレベルやB物流センターの評価も行っています。

■スクラップ&ビルドの検討
スクラップ&ビルドの検討

従前と計画後の収支を試算して比較した例です。人件費や資産コストを含め、費用をトータルで評価し、スクラップ&ビルドに値するかを検討しています。

お問い合わせ・資料請求

Webからのお問い合わせはこちら

お電話によるお問い合わせ: 044-520-0850