電力・通信

インフォマティクスの電力・通信事業者向けシステム

私たちの生活の基盤を支える電力・通信などの社会インフラ。自然災害や事故、何らかの障害によりそれらが正常に機能しなくなると、私たちの暮らしやビジネスはたちまちストップしてしまいます。

インフォマティクスは、豊富なシステム構築実績と高い技術力により、電力・通信事業者に向けたGIS(地理情報システム)ソリューションを提供しています。


電力

■送電設備管理システム
送電支持物・架空線・地中線や発電所・変電所などの電力設備を、地図上に表示し管理するシステムです。
設備情報を確認したり、設備情報とさまざまな空間情報(気象・地形・人口・地権者など)を組み合わせて多面的に分析することができるため、保守点検業務の効率化が図れます。

■巡視・点検支援モバイルシステム
タブレット、スマートフォンを活用したシステムです。本部からの作業指示により、作業員はモバイル機器で点検対象を確認し、本部では状況の把握、分析、修繕計画等の検討を行なうことができます。 各種設備の維持管理、顧客へ設置した機器のメンテナンス、物流、巡回サービス等の分野で利用可能です。

■落雷位置標定システム
落雷による停電事故発生の際、送電線保守対応を迅速に行えるよう、落雷位置を特定するシステムです。
落雷を常時監視し、落雷位置と送電線事故箇所との位置関係をスピーディに捕捉するため、復旧作業の迅速化、報告書作成の効率化が図れます。

■電力消費量調査支援システム
建物の用途や規模、電力消費量などを属性として登録し地図と連携させることにより、建物単体としてのみでなく、特定地域での消費状況を視覚的に把握できるシステムです。
複数の建物用途(店舗、居住、学校、病院など)について、さまざまな消費状況(月別総エネルギー消費量、時刻別冷房/暖房エネルギー消費量など)を表示できるため、対象地域の消費特性を視覚化して分析・評価することができます。地域冷暖房導入の可能性を検討する際や、エネルギー消費量軽減計画を策定する際の参考データとして利用できます。


通信

■光ファイバ線路設備維持管理システム
光ファイバ線路の設備計画から保守・管理までを行うシステムです。
光ファイバの断線情報の入手、障害発生箇所の特定がすばやく行えるため、復旧時間の短縮化が図れます。

お問い合わせ・資料請求

Webからのお問い合わせはこちら


お電話によるお問い合わせ: 営業部 044-520-0850