農業 GIS

お客様の抱える課題

近年、官公庁から民間、教育・研究といった幅広い分野でICT活用が広がる中、農業分野においても、国のe-Japan政策と地域情報化にあわせて情報システム活用(スマート農業)が進められています。

一方、農業従事者の高齢化・後継者不足が一層進行し、耕作放棄地の増加や、自然災害の頻発・大規模化などの課題が山積している状況下で、食料の安定供給を確保し、農業の持続的発展を図るためには、通信ネットワークの整備やシステム活用の高度化が重要となります。


インフォマティクスの農業分野向けシステム

インフォマティクスの農業分野向けシステム(農業 GIS)は、農用地・農業用施設などの情報を地図情報と関連付けることで、情報の一元管理をはじめ、編集や検索、共有が可能となるため、地域全体での農業関係者の業務効率化、コスト軽減が図れます。


水土里GISソリューション

地形図、地番図、航空写真などの電子地図上の位置情報と、地番、地目、耕区などの属性データを紐付けて一元管理するシステムです。台帳だけでは分からなかった農地と施設情報との関連性が分かりやすく視覚的に表現され、情報活用の高度化、業務効率化、情報共有化が可能になります。用途に合わせて、以下のラインナップをご用意しています。

・水土里Maps - 高度なGIS機能を備えた農業情報の基本システム。各種業務専用のオプションもご用意しています。
・水土里Cloud - 水土里情報のデータ共有をクラウド環境下で強力にサポートします。
・水土里Mobile - 少ないタッチ操作で効率の良い現地調査を支援するタブレット用モバイルGISシステムです。


導入実績:全国の水土里ネット様 多数


字切図作成&増高申請支援システム

災害復興事業の補助率増高申請業務において、2つのシステムを連携して活用することで、字切図の作成から農用地・施設の災害履歴の管理、補助率増高申請書作成までの業務効率化を図ることができます。


導入実績:大分県日田市様、大分県竹田市様

関連ソリューション

モバイル端末を利用した現地調査支援

お問い合わせ・資料請求

Webからのお問い合わせはこちら


お電話によるお問い合わせ: 営業部 044-520-0850