ニュースリリース

地理教育向けWebGISサービス「GC Maps for Education」の提供を開始

2019年10月1日
株式会社インフォマティクス


株式会社インフォマティクス(本社:川崎市幸区、代表取締役社長:齊藤大地)は、地理教育向けWebGISサービスである「GC Maps for Education」の提供を開始したことをお知らせいたします。



背景

2018年の学習指導要領の改訂により、2022年から高等学校教育で「地理総合」が新たに必修科目となることが決定しました。「地理総合」の授業では、従来の紙地図を用いた教育に加えて、GIS(地理情報システム)を活用して地理的な情報を調べ、分析したり考察したりする技能の習得が目標の1つとなっています。

しかし、高等学校の授業でGISの利用を開始するには、ICT環境の整備予算を確保する必要がある、使用ソフトウェアが有償の場合は初期導入費の負担が大きい、利用者間でのデータ共有が困難である、といった課題があります。

サービスの概要

インフォマティクスがこのたび提供を開始した「GC Maps for Education」は、教育機関において手軽かつ安価に導入を開始できるサービスです。



特長

・ソフトウェアのインストールは不要。インターネットに接続できる環境があればすぐに利用を開始できます。
・PCのみでなく、タブレットやスマートフォンでもご利用いただけます。
・先生-生徒間でデータ共有できるため、課題提出がスムーズかつスピーディに行えます。
・主題図作成や絞り込み分析などGISの主要機能を利用できます。
・作成した地図を他の教育機関と共有したりインターネットに一般公開したりすることもできます。

詳細・お申し込み

https://www.informatix.co.jp/top/solution/gcmaps_ed.html
https://www.informatix.co.jp/top/pdf/gcmaps.pdf

https://www.gcmaps.jp/lp/index.html


インフォマティクスについて

株式会社インフォマティクスは、1981年の設立以来、建築・設計向けのCAD/CGシステムおよび地理情報システムの開発、販売、保守サポートを行うシステムインテグレータとして成長を続けており、本社(川崎市)、営業所(大阪、名古屋)の総勢約200名の社員から成る企業です。国内の中央官庁、地方自治体、鉄道・高速、電力、金融機関、住宅メーカー、ゼネコン、設計事務所などに多数の導入実績があります。
https://www.informatix.co.jp



ニュースリリースに関するお問い合わせ

株式会社インフォマティクス 広報 藤井
メールでのお問い合わせ ifx-marketing@informatix.co.jp
〒212-0014 川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー27F
TEL:044-520-0850 FAX:044-520-0845