空間情報シンポジウム2011、空間情報クラウドで築く、安全で安心な社会  がんばろう、日本
TOP 開催概要 プログラム 併設展示 参加登録

開催会場
東京 7/7(木)
名古屋 7/14(木)
広島 7/14(木)
福岡 7/14(木)
大阪 7/19(火)
札幌 7/25(月)
札幌  お申し込みはこちら
日時: 2011年7月25日(月) 開場12:30/開演13:00
会場: 札幌コンベンションセンター 2F 小ホール
札幌市白石区東札幌6条 1-1-1
交通:
電車: 地下鉄東西線「東札幌」駅 徒歩8分
バス: 札幌駅から循環バス運行 コンベンションセンター前下車
車: 駐車場有り(有料)
定員: 190名
■プログラム
12:30 開場
13:00 主催者挨拶
13:10 基調講演 東京大学空間情報科学研究センター センター長 教授 浅見泰司様 浅見泰司様
都市計画と空間情報の未来
都市計画の分野では、計画プロセスの透明性を求める立場から、妥当性を検証しながらの計画という考え方が進むと思われる。ここで、空間情報が大きな役割を果たす。空間情報を使って、バーチャルに計画実験していくことが、求められていく。
【プロフィール】
東京大学工学部都市工学科卒業、ペンシルヴァニア大学地域科学専攻博士課程修了、東京大学工学部都市工学科助手、講師、助教授を経て、2001年より東京大学空間情報科学研究センター教授。2010年より同センター長。
14:00 休憩
14:20
事例紹介

東京都北区 まちづくり部 まちづくり推進課 主査 和田陽一様 和田陽一様
空間情報の多目的活用化と、まちづくり事業での活用事例
「GIS」にとらわれない、多目的な地理空間情報の利活用を目指す、自治体における空間情報蓄積のノウハウと、まちづくりの現場での次世代展開を提案する。

14:50 事例紹介 東亜建設工業株式会社 技術研究開発センター 部長 浅沼丈夫様 岡本達也様浅沼丈夫様 
鹿島建設株式会社 東京土木支店 担当課長 岡本達也様
現 一般財団法人エンジニアリング協会 主任研究員
東京国際空港D滑走路における維持管理システムの開発
東京国際空港D滑走路は、設計共用期間100年に対応して、維持管理計画に基づき、日々点検や調査を実施している。これらの点検・調査結果をもとに滑走路の健全性を維持していくため、維持管理システムを開発した。
15:20 休憩
15:40 最新情報 株式会社インフォマティクス
インフォマティクス最新テクニカル情報
インフォティクスが新たに展開するGeoCloud(ジオクラウド)サービスとリリース予定のSIS7.1をご紹介します。
16:40 終了
併設展示ページへ
※プログラムの内容は予告なく変更される可能性があります。ご了承ください。
このページの先頭へ
 
インフォマティクス 会社ホームページへ