1. SISトップ
  2. サービス
  3. 空間情報クラウドコンピューティング GeoCloud

空間情報クラウドコンピューティング GeoCloud

概要

通常、自前でシステムを構築しようとすると、サーバ購入などの初期コストのほか、運用・保守に関わる人員や更新作業など、さまざまな費用がかかります。クラウドサービスを利用すれば、トータルコストの軽減をはじめ、利用規模に応じた課金制度、WebブラウザさえあればOKの利用環境、クラウド上でのデータ保管によるセキュリティ確保など、多くの効果が期待できます。


このように柔軟な利用を実現するクラウドサービスですが、このサービスの登場により、Webアプリケーションに要求される機能や使い勝手も大きく変化し、GISにおいても同時多数アクセスやデスクトップアプリケーション並みの操作性、処理スピードが要求されるようになってきました。


こういった状況に対応するため、インフォマティクスではGISによるクラウドサービス「空間情報クラウドコンピューティング GeoCloud(ジオクラウド)」の提供を開始。地方自治体・公共団体・民間企業など多様な分野において、より迅速かつ安全で高品質なサービスを提供してまいります。

ジオクラウドサービス

特長

高機能

・スタンドアロンGISアプリケーション並みの豊富なGIS機能を提供します。
・複数サイトから配信されるデータどうしの重ね合わせが可能です。

高性能

・1サーバあたり200台以上の同時アクセス負荷にも耐えるサービスです。
・サーバ台数を増やすことで自由に拡張できます。

業務アプリとの連携

・他のWebシステムから呼び出せるAPIを提供することができます。
・GeoCloudのモジュールを単体で提供することもできます。

環境を選ばない

・Windows,Linux,Mac,Unix等、各種プラットフォームに対応します。
・モバイル端末でも使用可能です。

サービス提供

・サーバは月額単位でご利用いただけます。
・データサーバはGeoCloud内/自社内のどちらにでも置くことができます。

システム構成

業務に合わせて個別のカスタマイズも可能

・統合型アプリケーションには、自治体や警察の各業務アプリケーションを追加可能です。
・基本の背景地図に業務用のデータを追加して表示できます。

プライベートクラウドの構成も可能

基本のハードウェアに、秘匿データを含むサーバを自社内に追加するなどの構成も可能です。

GeoCloud プライベートクラウド構築図
提供可能データ

背景地図として、ゼンリンZmap-TOWNII、昭文社Mapple、NTT空間情報GEOSPACE等、市販デジタル地図データの提供が可能です。


GeoCloudカタログ

GeoCloudカタログのダウンロードはこちらから GeoCloudカタログ


PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。Adobe® Reader®をお持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。 ※Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。