1. SISトップ
  2. 製品情報
  3. 続 SIS講座

続 SIS講座 空間情報・交差点

講座 メニュー

続 SIS講座 空間情報・交差点 第4回    ※GIS NEXT Vol.26に掲載

第4回 フリービューアでGO!

前回は、「GeognoSIS.NET(ジオノシス)」のOpenGIS® Web Feature Service(WFS)によるベクタ配信と、Gazetteer Service(ギャザティア)による位置検索機能をご紹介しました。ベクタデータも簡単に交換できたと思います。今回は、これまでの機能をまとめてご紹介します。


図1 WMS、WFSデータのSIS Map Browserによる読み込み

図1 WMS、WFSデータのSIS Map Browserによる読み込み

SIS Map Browserをインストール!

SISフリービューアのSIS Map Browserをインストールします。SISのWebサイトからインストールプログラムを入手し(図2)、既定値のままインストールしてください。終わったら、「スタート」メニューの「プログラム/SISフリービューア6.2/Map Browser」を実行します。

※以下の画像をクリックすると、SISフリービューアダウンロードページへ移動します

図2 SISフリービューアのダウンロード

図2 SISフリービューアのダウンロード

OpenGIS® Web Map Service(WMS)データの読み込みと配信

第1回でご紹介したWMSサーバの一覧です。

(Demis Web Map Server)
http://www2.demis.nl/mapserver/request.asp?

(NASA OnEarth Web Map Server)
http://wms.jpl.nasa.gov/wms.cgi?

(国土交通省国土計画局 オルソ化空中写真)
http://orthophoto.mlit.go.jp:8888/wms/service/wmsRasterTileMap?


メニューから「マップ/追加/OGCオーバーレイ」を実行し、「OGC WMS」を選択して「次へ」。WMSサーバアドレスにURLを入力して「次へ」。利用可能なレイヤから任意のレイヤを選択して「>>」ボタン、「選択レイヤ」に移動させて「次へ」。そのまま「完了」です。NASA OnEarth Web Map Serverの「Blue Marble Next Generation」を取り込みました(※1)(図3)。


また、GeognoSIS.NETのWMSで地図データを配信する方法もご紹介しました(第2回を参照)。WMSサーバは弊社で公開しています。

http://sisasc.informatix.co.jp/ogc/KANAGAWA_WMS.exe?
http://sisasc.informatix.co.jp/ogc/JAPAN_WMS.exe?
http://sisasc.informatix.co.jp/ogc/JAPAN200000_WMS.exe?

※1「XMLをサーバから検証」チェックボックスのチェックをはずしてください。


図3 NASA Blue Marble Next Generation

図3 NASA Blue Marble Next Generation

OpenGIS® Web Feature Service(WFS)データの読み込みと配信

GeognoSIS.NETのWFSで地図データを配信する方法をご紹介しました(第3回を参照)。WFSサーバは弊社で公開しています。

http://sisasc.informatix.co.jp/ogc/KANAGAWA_WFS.exe?
http://sisasc.informatix.co.jp/ogc/JAPAN_WFS.exe?

メニューから「マップ/追加/OGCオーバーレイ」を実行し、「OGC WFS」を選択して「次へ」。WFSサーバアドレスにURLを入力して「次へ」。OGC WFSのフィーチャタイプ選択、設定は既定値のまま「次へ」、フィルタ選択も既定値のまま「完了」です。JAPAN_WFS.exeから都道府県データを取り込みました。図3のデータと重ねて、地図内の属性値をもとに主題図を追加しています(図4)。

図4 NASA Blue Marble Next GenerationとWFS(JAPAN_SWD)

図4 NASA Blue Marble Next GenerationとWFS(JAPAN_SWD)

OpenGIS® Gazetteer Serviceの利用

GeognoSIS.NETのGazetteerサーバでデータを配信する方法をご紹介しました(第3回を参照)。Gazetteerサーバは弊社で公開しています。

http://sisasc.informatix.co.jp/ogc/KANAGAWA_GAZ.exe?
http://sisasc.informatix.co.jp/ogc/JAPAN_GAZ.exe?

「マップ/ズーム/ギャザティア」を実行し、「OGC Gazetteer」を選択して「次へ」。ギャザティアサーバアドレスにURLを入力し、検索文字列と最大ギャザティア数、メソッドで「POST」を選択して「次へ」。ギャザティアを選択して「完了」です。JAPAN_GAZ.exeから新潟県を位置検索しました(図5)。

図5 ギャザティアサービスでの位置検索結果

図5 ギャザティアサービスでの位置検索結果

今回は、これまでのまとめをご紹介しました。「続SIS講座 空間情報・交差点」では、SISの相互運用性についてOpenGIS®機能をご紹介してきました。各地図サイトがオリジナル地図データを公開・利用しながら、それ以外のデータを他のサーバから取得するという相互運用がより活発になると、クライアントは世界中の公開サーバから地図データを取得して利用できます。この講座をきっかけに、各サーバの相互運用が加速することを期待しています。

※空間情報システムは、株式会社インフォマティクスの登録商標です。OGC、OpenGISはOpen Geospatial Consortium, Inc.の登録商標です。
地図データ出典: Courtesy NASA/JPL-Caltech、国土画像情報(オルソ化空中写真)、国土交通省国土地理院発行の100万分の1日本ⅠⅡⅢ、5万分の1地形図、数値地図200000(海岸線・行政界)