GyroEye

 

3D&バーチャルリアリティ展2017  空間情報シンポジウム2017 インフラ検査・維持管理展

 

現実空間の中に仮想CGモデルや図面データを合成させるAR・MR技術と、没入感を最大まで高めたVR技術を両立したGyroEye(ジャイロアイ)は、スマートフォンやウェアラブルデバイス等を活用して、ポータブル見える化を実現するシステムです。プレゼン業務、各種デザイン検討から、現場での墨出し、メンテナンスまで幅広く対応します。

GyroEye Holo VR・AR VR・AR

 

実証実験の模様 (2017/06/07)

ロングバージョンはこちら

東京大学 GyroEye Holo 実証実験模様(鴻池組協力)

 

Hololensxサングラスで屋外利用も可能に!
MR支援ツール「GyroEye Holo」が東大にて実証実験を実施(VR Insideより)

東京大学本郷キャンパスで行われたGyroEye Holoの実証実験結果が、VR Insideで公開されました。

 

 

トピックス

GyroEye推奨環境

Microsoft HoloLensによるMR体験

HMD

Microsoft HoloLens

 

VR没入体験

端末 iPhone7/7 Plus, iPhone6s/6s Plus/6/6 Plus(AppleA8以上搭載の端末推奨)
HMD VR One Plus
コントローラ Steelseries Stratus(Bluetoothワイヤレスコントローラ)
この他のHMDをご利用の場合は、スマホ挿入型のものを活用いただく必要があります。
コントローラがあると、HMD装着時のモデル内移動操作等が可能となります。

 

ビューワ利用

端末

AppleA8以上搭載の端末

iPhone7/7 Plus, iPhone6s/6s Plus/6/6 Plus
iPad Pro, Air2, iPad mini4
iPod 第6世代

 

GyroEyeはAppStoreから無料でダウンロードできます。

 


お問い合わせ先はこちら

システム開発のご相談、お問い合わせは、営業部 TEL 044-520-0847

または、以下のリンクのフォームをご利用ください。